高反発マットレスが寝起きの腰痛に効果的なワケ

日常生活では腰痛に悩まされていないのに、寝起きだけは腰痛を感じて起き上がるのが辛い。実はこの現象に悩んでいる人が少なくありません。
寝起きの腰痛の原因は、以下のような理由が考えられます。

  • うつぶせ寝をしていて、腰に負担をかけている
  • 元々体に歪みがあり、寝ている間も筋肉や関節への負担が大きい
  • 日頃姿勢が悪く、腰回りの血流が悪い

こうした原因をさらに悪化させるのが、体に合わない寝具です。
一般的に寝心地の評判が良いから、といった理由だけで寝具を選んでいませんか?
腰に痛みを感じる人には、寝具選びはとても重要です。
その理由と、どういったタイプの寝具が良いのかを紹介していきましょう。

腰痛におすすめなのは高反発マットレス

結論から言うと目覚めの腰痛に悩む人にお薦めなのは、高反発タイプのマットレスです。
体を優しく包みこんでくれる低反発タイプは、一見体に負担がかからないように見えますし、体に合うのであれば問題はありません。
しかし目覚めに腰痛があるということは、睡眠中に腰に多大な負担がかかっているのです。
低反発タイプのマットレスは、体圧が大きい腰の部分が沈み過ぎてしまうので、腰に大きな負荷がかかってしまいます。
睡眠は1日の3分の1に近い、長い時間を費やすもの。その間ずっと大きな負担がかかってしまうことになるので、起きぬけに痛みが出てしまうのも当然ですよね。

高反発マットレスはこうした現象を避け、体圧を上手く分散させてくれるのです。
理想の睡眠姿勢は体がS字カーブを描いている立ち姿を、そのまま横にした体勢だとされています。
高反発マットレスは、その体制をサポートしてくれる効果があります。

なぜ低反発マットレスではダメなのか?

また低反発マットレスは体が沈み込む形になり、寝返りの回数が減少する傾向が。
固すぎるマットレスのように、寝返りの回数が多くなりすぎるのも問題ですが、寝返りの回数が減るとずっと同じ体勢をとることになり、腰回りの血流が滞って筋肉の緊張が継続されてしまいます。
これも寝起きの腰痛の大きな要因となります。

高反発マットレスは、その名の通り反発力に優れたマットレス。
つまり寝返りをする時も通常よりも少ない力で寝返りが可能になるので、疲れにくいというメリットがあるのです。
一晩の理想の寝返り回数は約20回と言われますが、高反発マットレスを使用している人の平均回数は、その理想の回数に近いと言うデータもあります。

このように適度に寝返りを打ち、理想の睡眠姿勢をキープできるのが高反発マットレスの大きな特徴であり、腰痛に効果的な理由となっています。